活字を巡る旅

わたしの読書記録です。

読み始め

先日古書で購入した「美人薄命」を読み始める。
冒頭から、カエの不運な境遇に切なさを感じる。